家族だけで静かに家族葬をすることもスタンダードに

家族葬が主流の昨今ですが、葬儀に呼ばれなかった人たちの中には「そんな付き合いではなかったはずなのに」と少々寂しく感じる人も多いようです。家族葬といっても、実際は家族だけでなく近しい親戚や友人も多少は呼ぶことがあるので、生前は懇意な間柄だったのに声がかからなかった場合には、より寂しく感じるでしょう。葬儀に列席できないならと自宅に弔問をするケースもありますが、その際には遺族が対応する時間をつくることになります。家族葬で少人数しか呼べないことを明確に伝えられない人、また自宅への弔問対応ができない人は、斎場での一般的な葬儀をおすすめします。

家族葬を選択する人が増えた理由に、積み立てや葬儀代の貯蓄がなくても、費用を抑えて葬儀ができることが挙げられます。また残された遺族に少しでもお金を残してあげたい、葬儀で無駄な労力を使わせたくないなどといった理由から、故人が生前から家族葬を希望することもあります。しかし、葬儀の形式は思い描いていても、実際にどこまでの範囲を呼びたいかは故人のみが知ることで、遺族にそこまで伝えているケースはあまりありません。そのため、残された遺族の独断で参列者を選びます。遺族が故人の友人や仕事関係をあまり理解していない場合は、家族と一部の親戚だけで弔うことになります。できるだけ故人の気持ちを尊重するためにも、故人が生前に訃報を知らせる人、列席して欲しい人をリスト化しておくといいでしょう。

家族葬を行う場合は、通夜や告別式に参列してほしい人だけに葬儀の案内を伝えます。たとえ訃報を知っても案内がなければ、列席するのを控えるのがマナーです。訃報を知らせてくれ、家族葬で見送るという意思も聞いたのに、斎場の場所を伝えてもらえない場合など、行っていいのか行かない方がいいのか遺族の考えがわからないときは、直接聞く方がいいでしょう。

家族葬が増えたことで、会葬辞退の案内を送ることも増えています。また、会葬とともに香典についても辞退する旨を知らせることも今や失礼にはあたらなくなっているのです。